谷瀬の吊り橋と酷道425号

DSCN5349
スポンサードリンク

たまには別の道を走ろう!

紀伊半島を走りまくります

ツイ廃に片足を突っ込んでいる私は、とある平日にTwitterのタイムラインをいつものように眺めているとCBR250RR乗りのタケさんが

タケさん
R24~R168~R311~R424ルートで土曜日走ろうかな
よっこ
私は五條から合流で!(誘われてない)
タケさん
ほんとに?(来るの?)

という感じでご一緒させてもらうことにしました。

タケさんとは面識は無いけれど一度実際に走ってる先代CBR250RRに会ってみたかったので出会い厨します///

いつも紀伊半島を走る時はR169→R311→龍神の快走コースが一番のお気に入りだけど、

  • たまには違う道を走りたくなった
  • 誰かに快速ペースで先導してもらって紀伊半島を走りたい(他力本願)

…的な事を思っていたので混ぜてもらいます⊂( ˆoˆ )⊃

 

2017年5月27日(土曜日)

集合場所の道の駅かつらぎ西からR168を目指します。

この日のメンバーはタケさん、hirosan、チカさん、私の4人。

タケさんとチカさんは和歌山弁を喋るので、会話しているとなんかちょっと違う関西弁で新鮮だなぁと思いながら雑談で盛り上がります。

S10C0002.MOV

私はCBR250R、タケさんはCBR250RR、チカさんはVTZ250と排気量は250ccだけど気筒数がみんな違いますね(∩´∀`)∩

同じCBRでもCBR250RRはコストダウンしていない豪華でフレームもしっかりした作りのバイクでタイ生産の単気筒CBRに乗る身としてはとても羨ましく感じたり。

 

猿のベンチを見に行きました

R168の何処かに可愛い猿のベンチがある事を色んな人のブログで知ってたけど、一度見たかったので連れて行ってもらいました♪

猿谷ダム

猿谷ダム

猿谷ダムに到着して、ベンチにいる猿を発見(๑•̀ㅂ•́)و✧

哀愁漂う背中

哀愁漂う背中

バナナを食べてます。

奥側にいる猿はなんか可愛くないけど、これはこれで良いかも!

YOK_5985
凄く可愛い

凄く可愛い

 

谷瀬の吊り橋を渡ります

私は「きゃーこわい(棒)」と言いながらもジェットコースターやバンジージャンプは積極的に乗ったり飛び降りたりするくらい高い場所が大好きです。

谷瀬の吊り橋はツーリングで横を通る度に一度行ってみたいスポットだったけど一人で行くのはちょっと寂しいし、いつかマスツーで寄るチャンスがあれば思いっきり楽しみたいということであえて行かなかったんですよね~!

そしてこの日、念願の谷瀬の吊り橋!

近くの有料駐車場(100円)にバイクを駐めて、谷瀬の吊り橋へ向かいます・

YOK_5991

一眼レフカメラのピント調節機能が壊れているので直さなきゃなぁと思いながら数ヶ月経ちました(ヽ´ω`)

吊り橋は無料で渡れます。

YOK_5995

こういう高さのある場所に来るととってもワクワクしてきますね((o(´∀`)o))

他に観光客が渡っていたので、結構揺れている橋を一歩一歩進んで行きます。

YOK_6005

橋の真ん中へ進んでいくと、山と山の間の風の通り道になるのか吹きさらしの強風が絶え間なく全身に浴びて恐怖感UP(∩´∀`)∩タノシー

前を歩くhirosanはあまり景色を楽しむこと無く、先々と早足で進んでいってしまいました。

さっさと行くhirosan

さっさと行くhirosan

2番目に歩く私は怖い!凄い楽しい!でも怖い!!!って思いながら一眼レフカメラでパシャパシャ写真を撮りまくります。

いい景色だなぁ(*´∀`*)

いい景色だなぁ(*´∀`*)

3番目に歩くタケさんはポヤッと歩きながら一番後ろで怖がってるチカさんを気にしてゆっくり歩いています。

タケさんとへっぴり腰のチカさん

タケさんとへっぴり腰のチカさん

橋は一方通行ではなくて向こうから帰ってくる人もいるんだけど、みんな怖いのか譲り合い精神も無く橋のど真ん中を歩いてきて殺伐とした雰囲気がありました

橋の真ん中は強風

橋の真ん中は強風

駐車場に来てた「紀伊半島秘境の旅」という観光バスのツアーの年配の団体さんも谷瀬の吊り橋を渡ってたけど渡るのに必死で全然楽しそうでな雰囲気ではなかったです。もっと秘境を楽しもうぜ!

こういうある意味極限状態の時ってそれぞれの性格が分かりやすいですよね。

吊り橋から身を乗り出したりしない限り谷底に落ちることなんて無いし、そんなに怖がらなくても良いのに!

ミシミシ鳴る木の板の間から下が見える(∩´∀`)∩

ミシミシ鳴る木の板の間から下が見える(∩´∀`)∩

タケさんが言うには、昔はワイヤーと木の板だけで金網は無かったらしい。

金網要らなくない?この金網のせいで谷瀬の吊り橋の魅力が半分になった気がするよ(ヽ´ω`)

網要らない!

網要らない!

酷道425号(十津川~龍神)

谷瀬の吊り橋で涼んで(意味深)、次は予定に無かった国道425号を走ります。

十津川周辺って美味しいお昼ごはんを食べれる場所が無いんですよね~!

どうせなら龍神まで移動していつものゆず夢カフェでランチしよう!と決まったので、道の駅十津川郷で串コンニャクとヨモギ餅を食べて力を付けた所で酷道425号へ。

天気も良く、和歌山県に入ってからよく見かける“落ちたら死ぬ”看板を眺めながら木漏れ日の気持ちいい道を2時間かけて走り抜けて道の駅龍神まで走りました。

S10C0026.MOV

R425は途中に綺麗な公衆トイレもあるし、休憩もできるのでツーリングルートとしてもオススメの道かもしれません。

ただガードレールがあまり無いので、苔や落石を踏んで道路から崖下にログアウトする可能性もあるし、ある程度運転に自信がある人じゃないと難しいかも!

あっ、ちなみに国道425号は日本三大酷道の1つです。

R425の下北山村~十津川は大したことない酷道ですが、今回の十津川~龍神は路面が結構ヤバイ区間だったりします。

酷道425アタックする時はまずは下北山村~十津川からがオススメ!(?)

S10C0026.MOV

 

龍神スカイライン

道の駅龍神に到着してゆず夢カフェでランチタイムです♪

この日はクレソンのベーコンピザを食べました。R425号を走破してちょっと疲れていたけど柚子サイダーをシュワっと飲むと元気になれます(๑•̀ㅂ•́)و✧

柚子サイダー美味しいよ!

柚子サイダー美味しいよ!

カフェで愛知県から遠征に来たワッキーさんとぴーちゃん、大阪からブルボンさんと偶然会ったので、龍神スカイラインを一緒に走ることになりました♪

この日のワッキーさんのブログ記事

とはいったものの、走っていく内にだんだんフリー走行のような感じに。

私の前を走るマルチエンジンが載ったCBR250RRは高回転エンジン音が聞こえてきて良い音だなぁ(*´∀`*)と思っていたら姿が見えなくなったので単気筒CBRに乗る私はゆっくり龍神を走ります。

DSCN5345

ごまさんスカイタワーで長々とお喋りしたあとは私の先導で解散場所の道の駅かつらぎ西まで行ってこの日のツーリングは終わりました。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

この日のルート

一部上級者向け!

酷道のR425を走らずに1つ南側のR311~K198が快走路で遠回りだけど早く龍神まで走れます。

R425の十津川~龍神の間は45kmほど距離があるけど、危なくないスピードで走るなら1時間半~2時間くらい目安に見ておいたほうが良いかも。

携帯電話の電波はほとんど無いのでスマホナビは使い物になりません(^ω^)

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

よっこ

大阪に住むCBR250R(MC41後期)とCBR1000RR SP(SC59後期)のREPSOL乗り。ただのツーリングライダーですがソロツーでもマスツーでもカメラを持ってどこまでも。北海道の宗谷岬から九州の阿蘇まで駆け回っていますε=ε=(o ・ω・)o天気の良い週末は龍神スカイラインに行くと遅いレプソルが走っているかもしれません。2017年9月よりPodcast番組FreeStyle moto bike net radioでサブMCとして喋っています。