和歌山県の絶景広がる露天風呂に行ってきた

センダボ温泉仕様
スポンサードリンク

和歌山にはたくさん良い温泉がたくさんあります。

ソロツーリングでフラッと行く場所はダントツ和歌山県が多いんだけど、温泉目的でレプソルを走らせることもあるよ!

一度訪れたかった温泉があったんだけど、いつもの和歌山快速ツーリングコース(R169〜R311〜龍神)から少し外れるから

よっこ
ん〜!今日は行かんとこ!山道走ろ!

って感じでいつもスルーしていた温泉がありました。

その温泉は夏になるとバイクでは絶対に近付きたくないエリアなので、6月中にさっさと行くことにします♪

とりあえず先に龍神スカイラインで準備運動します

この日はCBR1000RRでお出かけ

2017年6月17日

おはようセンダボ!

この日はちょっと早めに家を出て朝9時には高野山に到着♪

細くて長くてクネクネしている高野山道路(R480)でゆっくり走る地元の車の後ろを走るのは好きじゃないので、和歌山県かつらぎ町から高野山まではいつもの舗装林道を走って登ります。

舗装林道からの絶景

舗装林道から見える景色

スクリーンショット_2017_07_27_21_54-2

少し走って龍神スカイラインに入り、のんびり走っていつものごまさんスカイタワーで休憩。

龍神スカイラインは42kmあるので真ん中地点の道の駅ごまさんスカイタワーで休憩しないと集中力が途切れちゃいます(´・ω・`)

DSCN5490

ごまさんスカイタワーから龍神村まで降りて、龍神スカイライン終点にあるゆず夢カフェでブランチを取ります。

焼きキーマカレー美味しい( ´∀`)b

DSCN5492

お店が忙しい時に注文したらダメなメニューなのでようやく注文できました(笑)

灼熱の白浜へ向かいます

崎の湯へ

お腹も満たされた所で、この日のメインの温泉に向かいます。

龍神から白浜まではほぼ一本道なので、アクセス自体は簡単!

しかし山道の爽やかな空気とは違い段々気温が上がってきてテンションが下がります。

CBR1000RRの排熱に蒸しあがりそうになりながらヨロヨロと崎の湯へ到着です。

DSCN5495

一度だけ崎の湯に4年前に友人とのドライブで訪れたことがあったんだけど確か朝の4時くらいだったので崎の湯自体は当然営業時間内ではなく、ぐぬぬ!と悔しさを交えながら帰ったような\(^o^)/

センダボ温泉仕様

センダボ温泉仕様

崎の湯は日帰り温泉で露天風呂のみ!入浴料金は確か500円です。

洗い場も無いし、シャンプーや石鹸も禁止なので掛け湯してから露天風呂に入る感じ。

ここの温泉の一番のポイントは目の前にバーンと海が広がっています。

ちょっと海が荒れている時は波が温泉に入ってきそうなくらいの近さ( ´∀`)b

湯の花が少しお湯の中で舞う温泉で、いいお湯です。そして青空が広がる日にここの温泉に入ると全身日焼けしそう…と思いながらも動きたくなくなるくらい気持ちいいです_(ˇωˇ」∠)_

お湯の熱さも程よい温めで長湯出来ます。

奥に海中展望塔

奥に海中展望塔

そして上の画像はじゃらんのサイトから引用したものですが、女湯からの景色です。

左側の壁の向こうは男湯だけど、海の向こうに見える海中展望塔から男湯が丸見えなんですよね( ^ω^)

何故、女である私が男湯の丸見え具合を知ってるかというと、高校生くらいの時に家族旅行で和歌山県白浜へ行って海中展望塔も寄ったんだけど、海中展望塔から良く崎の湯の男湯が丸見えでした。

よっこ
パッパ!肌色の服着た人達が岩場でダラケてる!(目が悪い)
父(元バイク乗り)
あれは露天風呂や

ネットで調べても女湯と比べると男湯はかなり開放的な景色が見えるので羨ましい…私も男に生まれたかった!

女湯は上段のお風呂の縁の上に立ち上がらなかったり、一番海に近い下段のお風呂の海ギリギリ辺りで仁王立ちにならない限り外部から見えないので大丈夫( ´∀`)b

ちなみに白浜では水上バイクが結構走り回っているんだけど、明らかに崎の湯の近くまで来て堂々と海側から温泉を覗きに来る人もいてビックリしました。

毒を塗った吹き矢でフッ!っと刺して殺りたいくらい本当サイテーです(^ω^)

駐車場で気になったこと

崎の湯の温泉は最高なんだけど、バイク専用の駐車場が少しなんだかなーって思ったり。

崎の湯の温泉は駐車場も完備されているけど、バイクの駐車場は離れの公衆トイレの建物の裏にあります。

駐車場の入り口から入ると警備員さんがバイクはこっち!って誘導してくれるんだけど、えっ!ここ入らなきゃだめ?という狭い場所に誘導されます。

駐車場|公衆トイレ|バイク駐車場|海

広い駐車場|公衆トイレ|バイク駐車場|海

警備員さんに誘導されるがまま細い通路を入って、直角に曲がった先にあるバイク駐車場に無理にセンダボで入って転かしたくないので、バイクを一旦降りてどんなバイク置き場なのか歩いてチラッと確認しました。

センダボでは取り回しするのがギリギリ出来そうだけど怖い気がする狭い空間でした(ヽ´ω`)

警備員さんに他のバイク傷つけたくないからここに止めたくない!前にあるアメリカンバイクのミラーとかハンドルとか色々出っ張ってるし、出る時にまだアメリカンバイクがいた場合引っかかりそうでイヤァ!!!って超ワガママ全開で抵抗したけど、無駄な抵抗に終わりました。指示通り、センダボを入れます\(^o^)/

上の写真ではちょっと広そうに見えるかもしれないけど、本当に狭いよ!

ちなみに写真には写ってない後ろには高級バイクのDUCATIがいます(笑)

帰る時に同じタイミングでDUCATIの人がバックして出てくれたので、私もバックでセンダボを出そうと思ったけど細い通路且つ90度左にバックで曲がるのは私の取り回しスキルでは大変困難なので諦めます。

バイク2台分の駐車スペースを目一杯使って何度も切り返してバイクの頭を反対側に向けて逆方向から脱出しました。

とても暑い白浜の気温の中での取り回しで冷や汗がたくさん出たのでもう一度崎の湯に入り直したいぜ…と思いながら崎の湯を後にしました。

大型バイクでツーリングに行くとあまりバイクを駐車したくないような駐車場に出くわす確率が格段に上がりましたが、自分一人で取り回し等が本当に出来なさそうな駐車場であればそのスポット自体潔く諦めることもあります。

崎の湯で温泉サイコー!と思いながら楽しんで入浴していたけど、心の隅っこでは帰りにバイク出せるかな?って心配がチラチラ出てきてたし、次に崎の湯に行くことがあればCBR250Rで行こう(戒め)

ちなみに関西で苦手な駐車場を数か所ピックアップすると…

  • 道の駅龍神の駐車場
    • 道路沿いの舗装駐車場以外は砂利エリアなのでうっかり入っちゃうとヤバイ
  • 道の駅ガレリア亀岡のバイク駐車場
    • 柵が絶妙に邪魔
  • 道の駅中辺路
    • 施設目の前の駐車場は下り坂だから脱出するときにバイクの取り回しで死ぬ
  • 鯖街道の鯖寿司屋さん
    • どのお店もほぼ砂利の駐車場だから鯖寿司買う気が無くなっちゃう。良いツーリングコースの一つなので駐車場を舗装させてライダーに優しい店作りしたら売上アップになると思うのにヾ(*‘ω‘ )ノ
  • 曽爾高原の駐車場
    • ススキシーズンの激混み時期の有料駐車場の傾斜具合が嫌い
  • 道の駅くしがきの里のサブ出入り口
    • 駐車場とは関係ないけどかつらぎ町側にあるサブ駐車場出入り口の段差は殺しにかかってきてる:;(∩´﹏`∩);:

CBR1000RRの取り回しはイマイチですが、CBR250Rだとどんな駐車場でも舗装林道でも段差でもヒョイヒョイっと突っ込んでいける絶対的安心感があります。

私と一緒にこの3年間様々な困難に立ち向かったCBR250Rとは一心同体よ!(^ω^)

 

 白浜をフラフラっと走って帰ります。

だんだん雲が出てきた白浜だけど、6月なのに白良浜海水浴場では海で泳いでいる人が多いです。

私もあんな開放的な格好になりたいな、と思いながらプロテクターフル装備で写真を一枚撮っていると偶然hirosanと会います。

くもり(´・ω・`)

めっちゃくもり(´・ω・`)

バイクでは訪れたことの無い円月島に行きたいー!ってリクエストを出して連れて行ってもらいました(∩´∀`)∩

DSCN5499

そして道の駅 龍游でソフトクリームを美味しく食べてこの日のツーリングは終わり!

DSCN5501

白浜は涼しい時期にまた行きたいところ( ^ω^)
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

 

この日のルート

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

よっこ

大阪に住むCBR250R(MC41後期)とCBR1000RR SP(SC59後期)のREPSOL乗り。ただのツーリングライダーですがソロツーでもマスツーでもカメラを持ってどこまでも。北海道の宗谷岬から九州の阿蘇まで駆け回っていますε=ε=(o ・ω・)o天気の良い週末は龍神スカイラインに行くと遅いレプソルが走っているかもしれません。