うさぎ島でソロキャンプU( ÒㅅÓ)U

YOK_5375
スポンサードリンク

うさぎの楽園へ行ってきました

瀬戸内海に浮かぶ小さな島”大久野島”へキャンプツーリングに行ってきました。

かつては日本の化学兵器製造拠点として毒ガスの製造が行われ地図からその存在を消された過去を持つ広島県の大久野島です(コピペ)が、今回はうさぎに焦点を当てて記事を書きたいと思います。

悲しい過去の歴史がある大久野島の詳しいことについてはWikipediaや見応えのある大久野島毒ガス資料館で勉強して見てください♪

きっとそれぞれ感じることが有るはずです。

 

まず初めに伝えたいこと

もしかしたら今回の記事で大久野島(ウサギ島)へツーリングに行きたいって思う人がいるかもしれないから、先に大事なことを書いておきます。

  • 大久野島は国立公園なのでバイクや車での通行は禁止だから島の中をツーリング出来ないです。
    • 大久野島の下船場所すぐ目の前の駐車場に駐車することはできるけど、島の中で移動は徒歩・レンタルサイクル・無料シャトルバスが基本。島は小さいので充分歩ける距離です。
    • なので休暇村宿泊施設への宿泊や日帰りの場合はたくさん無料駐車場が用意されている港に車やバイクを置いていったほうが良いと思うの!車を運べるタイプのフェリーの本数は少ないしお金の無駄(^ω^)
    • キャンプの場合は、大久野島下船場所の係員に「宿泊?」って聞かれるから「キャンプする(キャンプというワードが重要)」って伝えたら地図と通行許可証を貰える
    • バイクの音にビックリするウサギを見て申し訳ない気持ちになりながらキャンプ場横の駐車場まで徐行(時速10km)でゆっくり移動する
    • キャンプ駐車場にバイクを置いてから休暇村施設まで歩いて行ってキャンプの受付をする(キャンプは事前に予約が必須)
    • 一番困るのが徒歩での移動が主になるけど、そこらじゅうにウサギさんが暮らしているので、なかなか目的地に到着しない
  • ウサギの餌はキャベツ半玉~1玉が一番捗ります。手で適当な大きさに千切ってあげましょう♪
客船は人間だけ、フェリーは車両も運べるタイプ

客船は人間だけ、フェリーは車両も運べるタイプ

ちなみに私は事前にネットでこういう情報を調べたけどバイクで大久野島へ上陸してキャンプをする情報が全く出てこなかったのと、唯一の施設のある休暇村大久野島へ問い合わせしたら結構ザックリとしか教えてくれなかったのでここに纏めてみました。

そして当日は無駄に島を歩き回る羽目になったりしたけどウサギが可愛すぎて歩けば歩くほど幸せな気持ちで一杯になりました。

いやもうまじでウサギちゃん天使(゚∀゚)♡

2017年2月時点の情報なので、鵜呑みにするのではなく行くときはしっかり確認して下さいね(`・ω・´)ゞ

 

初めてのソロキャンプ!

というわけで、行ってきましたうさぎ島!

2013年9月に1度だけ大学時代に所属していたテニス部のOB合宿で大久野島へ訪れた事があったんだけど、島全体が国立公園でうさぎが伸び伸びと暮らしている様子が凄く気に入った私はまたいつか来たかった場所だったのです。

テニス中にコートにウサギが乱入してきたのも楽しい思い出の一つ(*´∀`*)♪

スクリーンショット_2017_02_20_22_08

2013年9月 テニスをサボってウサギと戯れる図

そして月日は流れ、2017年!

主な施設は休暇村の宿泊施設があるくらいだけど、キャンプ場もあることを知った私は絶対にここでキャンプしてやるー!と心に決めていました(๑•̀ㅂ•́)و✧

バイクの友達やアウトドアが趣味の旅行友達にココでキャンプするねん!って宣言したけどあんまり興味を持ってくれた人はいなかったのでソロキャンプです(笑)

大久野島へ出発

朝、モタモタ準備しているとあっという間に日が登ってしまったので、高速道路で広島県の忠海港へ向かいます。

岡山県辺りで通り雨に合ってしまってテンションと体力を程よく下がったところで、忠海港へ到着!

地元もウサギで盛り上がってるっぽい

地元もウサギで盛り上がってるっぽい

計画性があるようで全く無い私は、たくさん本数があるから時刻表を見ずに適当な時間に忠海港へ行くとバイクを載せれるタイプのフェリーは少ないことが分かり、フェリーは1時間半後に出港するらしいので近くのスーパーで買い物をします( ^ω^)

地元の食材やお肉、新鮮な魚がたくさん売っていました♪

大久野島の中にはお店が無いので、ここで買い出しを済ませておきます。休暇村の売店はお土産くらいしか売ってなかったし(´・ω・`)

忠海港から徒歩5分

忠海港から徒歩5分

2017-02-18_13-14-22_000

スーパーマミーは良いお店!(1枚頂いた)

適当に時間を潰してから船に乗って出発♪

15分ほど船に乗って目の前に広がる大久野島へ向かいます。

DSCN4495 DSCN4499

九州行くときと同じように、バイクを船に乗せて移動するとなんだか私、旅してるー♪って感じがしますね。

↓この写真を撮る時に左側のプリウスにパーンとレプソルが倒れないかめっちゃドキドキした!

DSCN4501

バイクは固定しないタイプの船みたいなので、撮影以外はバイクの横に付きっきりでした( ^ω^)

大久野島に到着して、バイクを駐車場に置くと早速ウサギが近くでまったりし始めていますw

S10C0016

とりあえず駐車場に駐めます

2017-02-18_15-01-20_131

奥のウサギさん超マイペース♡

2017-02-18_15-07-23_000

 

 

キャンプの準備をします

キャンプ専用の駐車場に到着して、荷解きをすると早速ウサギが遊びに来てくれました。

2017-02-18_16-37-42_940

真ん中ウサギ「おっ?」

一匹が気付いた!

駆け寄ってきました

食べ物をねだってますv

食べ物をねだってますv

2017-02-18_16-32-15_700
YOK_5418

綺麗なキャンプ場

キャンプ場の中はバイク乗り入れ禁止なので、駐車場から荷物をキャンプ場に手で運んで行くんだけど足元をチョロチョロとストーキングされるので蹴り飛ばさないように注意が必要です。

一応、キャンプ場の芝生保護のためにウサギは立ち入れないようになっているので、柵越しに可愛い眼差しを向けられても困りますね(嬉しい)

2017-02-18_16-32-11_740

 

完成☆私の家

完成☆私の家

2017-02-18_16-28-44_330

素晴らしいロケーション

島ではウサギの餌は売っていないので、大阪からキャベツを一玉持ってきました。

ウサギの餌でもありますが、この日の夜のモツ鍋に入れる具材にもなりますw

大久野島行きのフェリーに乗る前に買い出しで買った、瀬戸内海で獲れた新鮮なさよりの刺身(+写ってないけどビールも)を食べて飲んで一息つきます。

2017-02-18_16-20-08_000

大久野島キャンプ場(2017.2月時点)

区画サイト使用料1030円 管理費1人につき410円

ポイントとしては

  • 薪や炭はHPより予約する際に事前に薪購入希望と備考欄に記載が必要
  • 薪1束410円、炭500円くらいだった
  • お風呂(21時まで)は休暇村の宿泊施設(400円くらい)
  • 区画サイトだけど場所はチェックインの時に申し出て早い者勝ち(チェックインは13時から)
  • 地面は柔らかめで石も少なめ
  • 薪を買わなくてもたくさん島中に木の枝が落ちてる
  • キャンプ場の目の前を行き交う船のエンジン音がまた乙なもんですな( ^ω^)

詳細はホームページへ

 

うさぎ島を探検します(`・ω・´)ゞ

[注意]ここから先はバイクブログとは全く関係ないウサギ写真ばかりです( ・ω・´)

ビールを飲んで良い気分になったところで、キャベツを適当な大きさに千切ってから散歩タイムです。

早速キャンプ場の柵を出たところでウサギに絡まれたので、餌をあげるよ!

YOK_5300 YOK_5301 YOK_5303

もうね、ウサギさんたちが可愛い過ぎて、ずっと私の顔は緩みっぱなしです。

周りの観光客もみんな顔が緩みっぱなしだったので、別に恥ずかしいことではないので思う存分ニヤニヤしながらキャベツを手渡します。

子ウサギも

子ウサギも

耳はこっち向けて警戒してるのかな?

耳はこっち向けて警戒してるのかな?

野生のウサギとは(哲学)

野生のウサギとは(哲学)

うさ団子

うさ団子

YOK_5338 YOK_5345 YOK_5346 YOK_5361 YOK_5363

顔を洗うウサギ…可愛いすぎて30枚位撮ってた!

YOK_5326

船の往来が結構あります

ウサギの耳のオブジェに頭を入れると遠くの音がよく聞こえるみたいです。

大久野島に行った時は是非頭を入れてみてね(๑•̀ㅂ•́)و✧

YOK_5366

夕方になると日帰りの観光客がグッと少なくなります。

昼間は暖かかったけど、段々肌寒くなってきました。

白玉団子の尻尾

白玉団子の尻尾

YOK_5373 YOK_5381

島にはウサギのフンがたくさん落ちているけど、ぜんぜんニオイがしません。

全然汚いって感じがしないし、ウサギも動物特有のニオイが無いよ(´∀`*)

ハエみたいな嫌な虫もいなくて凄く過ごしやすいです。

奥には休暇村の宿泊施設

奥には休暇村の宿泊施設

YOK_5395

ネズミもいたw

YOK_5392

ウサギが遊んで掘った穴が多数有り

バババっと穴を掘ってますw

バババっと穴を掘ってますw

追いかけっこ

追いかけっこ

YOK_5404

ウサギ要素は無いけど是非寄るべき場所

楽しい1日目もそろそろ終わり

楽しい1日目もそろそろ終わり

YOK_5408

水飲み用に至る所にお皿が置いています。

もし中の水が少なくなっていたら綺麗な水を入れてあげてね!ってお皿に書いています。

YOK_5421

島の中では原則として自家用車の通行は禁止ですが、船乗り場から休暇村の施設まで無料シャトルバスが定期的に走っています。

なので道路上や道路脇エリアなどでは餌やりは禁止されているのに守っている人があまりいなくて残念でした(´・ω・`)

あとウサギは縄張り意識が強いみたいで、別エリアのウサギがやってくるとすごい剣幕で追い出そうとするウサギもいてウサギの世界も大変やなって思ったり。

カラスも天敵らしく、カラスに意地悪というか突かれて虐められているウサギもたくさん見かけました。

仲間のウサギが気付いてカラスを追い払ったりしていましたが、健康で綺麗なウサギだけでなくて怪我をしていたり病気で外見が酷い子達もたくさん目の当たりにしました。

YOK_5409

夕方まで思いっきりウサギと戯れてお風呂に入ったあと、体力がほとんど残っていなかったのか全く食欲が無くてダウンorz

少しだけ焚き火をしてから直ぐに寝ました(ヽ´ω`)

まぁ原因としては、このウサギ島に来る事が楽しみすぎて出発前日の夜はほとんど眠れて無くて寝不足だったのが最大の敗因。

 

2日目も素晴らしい天気です!

おはよう大久野島!長時間寝たら体力回復した!

テントのファスナーを開けると素晴らしい景色が広がっています。

目覚めてこんな景色が目の前に広がっていると、この日も良い日になりそうとワクワクしちゃいますね((o(´∀`)o))

YOK_5413 YOK_5416

昨夜は食べていないのでお腹が空いていた私は朝ごはんをちゃちゃっと食べます。

宇宙食のカレーを食べるよ!

DSCN4517
ご飯はちゃんと炊きました♪

ご飯はちゃんと炊きました♪

最高に美味しかった!

最高に美味しかった!

早々に撤収してから大久野島→しまなみ海道の大三島へフェリーで渡り四国を海沿いに走って淡路島〜大阪へ帰る予定でした。

その予定のはずで順調にテントなどを片付けていると、キャンプ場にウサギが遊びに来たよ!

ウサギ対策用のキャンプ場を囲う柵の隙間をシュバッ!!っと抜けてこちらへ一直線に走ってくるウサギが本当可愛いー(゚∀゚)

DSCN4521

散らかっている荷物にめっちゃアタックしたり蹴りを入れたりしつつパトロールしています。

DSCN4524 DSCN4523

私がキャンプ道具の片付けを進めたいのに、なかなかウサギが帰ってくれないのでタープを降ろしてみました。

ウサギの上にタープがファサッとかかってしまっても、なんだか落ち着くのか暫く出てきてくれなかった(可愛い)

DSCN4525

ウサギ入りタープ

そんなかんじでウサギと遊びながら片付けていたら撤収に2時間もかかってしまって、時計を見ると既に11時!

当初考えていた四国寄り道ルートで大阪に帰るのは面倒なので、このまま適当なフェリーの時間までウサギと戯れて直帰ルートで帰ることに決めます。

四国はまた別の機会に行けばいいだけですし♪

YOK_5419
お尻の穴が見えてる*

お尻の穴が見えてる*

 

後ろ髪を引かれつつ帰ります

エサ用のキャベツが無くなったところで大阪に帰ります。

フェリーのチケットは片道しか買っていなかったので、復路の切符を買おうとしたら人の乗船券は船着き場の券売機に売ってたけどバイク乗船用の切符が売っていなくて焦りました。(事情を話して乗船後に係員に現金でバイク分を払ったけど)

DSCN4537 DSCN4535

キャンプのゴミは持ち帰りが決まりなので、燃やしきれなかった薪もシートバッグに入れています。

凄い重量で気をつけなきゃと思ってたら帰り道に高速道路のSAでバイクが勝手に倒れちゃった\(^o^)/

DSCN4539

大久野島を眺めながら飲むジュースは最高

忠海港へ到着して、2号線のバイパスを走ったり瀬戸内海沿いをのんびり走ったりして岡山県倉敷市水島あたりでランチタイム!

DSCN4540

倉敷市を中心に展開するうどんチェーン店ふるいちのぶっかけうどん本当に好き!(元倉敷市民)

真冬でも冷たいとろろぶっかけうどんを私は食べます(´ω`*)

このあとは高速道路で一気に自宅のある大阪まで帰って、初めてのソロキャンプを終えました。

 

大久野島のキャンプは最高に楽しかった!

ウサギの写真を見返すと暫く現実世界に戻って来れないくらい本当に可愛らしい子達ばかりです。

もし大久野島へキャンプツーリングへ行く時にこのブログ記事が参考になれば幸いです。

 

おわり
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

スポンサードリンク

8 件のコメント

  • うーさーぎー!
    死ぬまでに一度は行ってみたいところのひとつ。
    キャンプ場思ったよりきれいそう!
    たしかにわざわざバイクをフェリー積んでキャンプしている記事は読んだことがないですね。
    さすがです。

    しかもめっちゃいい天気でうらやましぃ。

    楽しみすぎて寝不足とか・・・
    大阪からキャベツ一玉とか笑いましたw
    よく読んだらさらっと立ちごけしてはるしw

    • うにさん

      死ぬまでとは言わず、天気のいい週末に是非特攻してみて下さいw
      キャンプ場はきれいでしたよ~!炊事場もトイレも綺麗に管理されてたし凄く過ごしやすいキャンプ場でした。
      大久野島へのキャンプツーリングの情報はあまり無かったんですが、まぁ予約しているし行ったら何とかなるやろ的な適当なソロツーだったので気楽でした。

      天気は素晴らしく良かったです。キャベツ一玉は結構な荷物になりましたけどね/(^o^)\
      立ちごけではなく、レプソルを置いてベンチで休憩していたら風に煽られてバーンと倒れました…荷物のバランスが悪かったので周りに迷惑をかけないよう今後の課題です(ヽ´ω`)

  • ウサギちゃんかわいい(ノ≧▽≦)ノ
    日帰りでは行った事ありますがキャンプできるんですね!
    ウサギ好きにはたまらんでしょう(^^)
    ウサギってキャベツよりニンジン食べてるイメージがあるのはσ(^_^;)?だけ?ww

    ってか淡路島に125cc以下のバイクと渡るより料金が安い

    • toraさん

      人参だと切る手間が面倒なので、キャベツ一玉片手にワイルドに千切りながらウサギに手渡していましたw
      キャンプは船着き場から休暇村へのメインルートの途中にあるので、勝手が良かったですよ~!
      フェリーの値段は私も安いなって思いました!ただ、広島県までの高速代が高く付きましたけどね(´・ω・`)
      可愛い小動物は好きなので、また行きたいです(๑•̀ㅂ•́)و✧

  • 今回の大久野島キャンプ場の情報は
    気になっていた方も気にしていなかった方にもとても参考になるレポートですね(o^-^o)
    島ということで海の写真が多いと思いきやウサギばかり!
    よほど可愛らしいウサギのもふもふに癒されたんでしょう(笑)
    都会の喧騒から離れてウサギに癒され、行き交う船の音をききながら過ごす時間は最高だったでしょうね♪

    • 大和さん

      そうなんです、ウサギばかりの写真ばかりで島の様子や雰囲気の写真が殆ど撮れていなくて家に帰って確認した時に自分でもビックリしました(笑)
      この島は歴史的建造物もたくさんあって、凄く歴史を感じれる廃墟も見応えがありますがウサギと遊んでいるとあっという間に日が暮れ、翌日もウサギと遊びながら過ごしているとあっという間にお昼になっちゃいました\(^o^)/
      凄くここのキャンプ場が大好きになったので、また天気のいい週末を狙って突発でキャンプツーリングに出掛けたいです(´∀`*)

  • うさぎ島までもみじ饅頭差し入れしたかった(ヽ´ω`)
    テニスやってたとは意外ですね。。。

    • やすぽんさん

      バイクに乗り始めるまではずっと10年位硬式テニスをしていました(`・ω・´)ゞ
      もみじ饅頭でも、にしき堂の生もみじが大好物です。よろしくお願いしますw

  • ABOUTこの記事をかいた人

    よっこ

    大阪に住むCBR250R(MC41後期)とCBR1000RR SP(SC59後期)のREPSOL乗り。ただのツーリングライダーですがソロツーでもマスツーでもカメラを持ってどこまでも。北海道の宗谷岬から九州の阿蘇まで駆け回っていますε=ε=(o ・ω・)o天気の良い週末は龍神スカイラインに行くと遅いレプソルが走っているかもしれません。