2019GWは隠岐諸島に行ってきたよ[西ノ島・到着編]④

知夫里島から西ノ島へ移動するよ

↓前回記事

2019GWは隠岐諸島に行ってきたよ[知夫里島・キャンプ]③

知夫里島の来居港フェリーターミナルから西ノ島行きの船に乗ります。

〒〒〒

30分くらいの船旅なので、天気が良いしデッキの上で過ごすことに。

快晴の中、穏やかな海と島々を眺めていると西ノ島への期待が高まります。

MEMO
フェリー運賃

知夫里島・来居港→西ノ島・別府港の区間

  • 大人1人 710円
  • スーパーカブ(110cc)910円

とりあえず昼ごはん!

そう、知夫里島ではまともなご飯を食べたのは24時間前にサザエ天丼を食べたくらいで、昨夜と朝ごはんはカップ麺で過ごしたのでお腹が究極に空いています。

ということで西ノ島へ上陸後は予め目星をつけていた食堂へ行ってみました。

西ノ島を上陸してまず一番驚いたのは知夫里島には無い栄えた町並み!

まずフェリーを降りて走り出したとき「んええええ????」ってくらい栄えっぷりにビックリしましたw

知夫里島は本当に何も無かった!というか何も無いところが凄く良かったんだけど本当に大自然を感じれる知夫里島に一泊していたので、西ノ島の栄えている町並みには驚きましたね。

文明を感じる(失礼)

お昼ご飯を食べに行ったお店は軽食あすか。

サザエ飯が美味しいらしいので食べに来ました。

美味しかった!!(語彙力)

ちなみにお店選びは知夫里島で配布されていたご島地グルメパンフレットで情報を得ました。

島前(知夫里島・西ノ島・中ノ島)と島後のグルメ情報が多分だけどすべてのお店が掲載されてるんじゃないかというくらいギュッと情報が詰まってます。

しかもそれぞれのお店のウリが掲載されているので気分によって選べるのもいいよね( ´∀`)b

参考 ご島地グルメ隠岐観光協会
右端にご島地グルメパンフレット
さざえ飯

雰囲気は完全に地元の食堂って感じで、私のような観光客向けに海鮮定食系がある感じ。

サザエ飯は美味しくて一気に食べれたし、今朝までカップ麺で2食過ごしていた私としてはご馳走でした…!

軽食あすか

〒684-0211 島根県隠岐郡西ノ島町浦郷544

昼11:30-14:00 夜17:30-20:00

耳浦キャンプ場

西ノ島でキャンプするなら何処が良いか調べていると、夏の特定期間以外は無料で利用出来るらしい耳浦キャンプ場を教えてもらいました。

有料の島根鼻公園オートキャンプ場も気になっていたけど、区画サイトでお値段が一泊4000円という情報しか出てこなかったので今回はパスですw

キャンプ場に続く道ってなんでこんなにも不安に思えるほど道が細くなっていくんでしょうね。

耳浦キャンプ場へ続く道は細いので大きい車とすれ違う時はちょっと気を使うかも。

着弾

とりあえず西ノ島散策前に設営は済ませることに。

Twitterの情報を眺めているとGW期間中は混み合っているらしく、前日利用していた人たちが撤収した後を狙って先にテントの場所だけでも抑えておいたほうが良さそう。

完成俺の家

まぁ混み合っているといっても、難民キャンプレベル(ハイシーズンの京都・笠置キャンプ場のような)では無いしソロキャンプなので設営場所は融通が効くけどね。

キャンプ場の広さはこんな感じ(伝われ)
 

  • 海水浴場と併設したキャンプ場なので海水浴シーズン以外は無料で利用できる
  • キャンプ場はそんなに広くないし利用した日はソロテントばかり
  • 男女別トイレ(綺麗だった)
  • シャワー室あるけど水しか出てこないらしいと情報あり
  • 水場あるけど水は飲む気になれない
  • ゴミ捨て場無し
  • 最寄りのスーパーはバイクで15分くらい
  • ドコモ回線でも電波が無いほど街から離れているのでキャンプ場に設置されているWi-Fiを利用
  • 雑感だけどGWはライダーが集まる賑やかなキャンプ場だったので安心して利用できたけど、平日の誰もいない時だと最果て感あって私は怖くて嫌かも(怖がり)

テントのすぐ先の海は小さな海水浴場エリアになっています。

砂浜じゃなくて砂利、しかもお隣の国からのゴミが流れてきているのがちょいと気になるけど海が凄くきれいです。

こんな景色を眺めながら昼間からキャンプ場でビール飲みたいな、って欲望はぐっと抑えてテント設営を終えた私は西ノ島の散策に出かけることにします(`・ω・´)ゞ

キャンプ場入り口
有料期間(夏のみ)の情報
スマホの電波は無いけど公衆電話・無料Wi-Fiは利用できる

あてもなく走ります

西ノ島にも観光名所というか絶景ポイントあるけれど、この日はずっと天気が良い予報だったので楽しみは最後に取っておきます。

万が一、最後の楽しみに取っておいた場所に行く時に曇り空が広がってたら泣けるけど、後回しにしておきたい気分ってあるよね。

ナビも見ずに自分が行きたい方向へカブを走らせてみるよ!

冒険してるぜ!って感じ

森を抜けて海が見える場所へやってきました。

変なアーチがある岩を見つけた!

道を作る時にこの岩は大事に残しておこうと思ったのかな?とか色々想像しながら走らせるのもまた楽しい。

バイクで一気に通り過ぎるのも良いけど、気になった場所はUターンして一つ一つ立ち寄ってみます。

一眼レフカメラを身体にたすき掛けしてカブを運転してるスタイルで走っています。

万が一、転けない限りは撮影する時にいちいちカメラをバッグから取り出さなくて良いので楽ですね( ´∀`)b

GWでちょっとまだ海水浴の季節には早いけど普通に海で泳いでいた若者がいました。

海はきれいだし、日差しは暑いので泳ぎたくなる気持ちは分かるよ…!

無駄に広いバス停?のような奇抜な休憩所があったのでちょっと立ち寄ってみたり。

この後ろは普通に漁港だけど、たまに車が通り過ぎるくらいで人の姿が見えませんw

島のメイン通りを外れた場所はこんな道ばかりなのでブラインドカーブがちょっと怖かったり。

交通量もかなり少ないけど、たまに通りかかる観光客っぽいレンタカーが道路のど真ん中を走り続けて私と衝突しそうになったときはちょっとキレそうになったくらい(ヽ´ω`)

でもなかなか普段は見れないような変わった山の形を見たりすると、遠いところまで来たなぁと思えるし冒険している気持ちになれますね♪

今回の記事では西ノ島の一部しか紹介できていませんが、知夫里島とはまた違う絶景と魅力のある動物たちと出会えることが出来ました。

長くなりそうなので、次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。