モンベルのダウンジャケットを家で手洗いしてみたよ

ダウン素材のメンテナンスって考えるだけでも面倒

ついにこの時が来てしまいました。

冬が来たぞ!ということで、収納袋にしまっておいたモンベルのダウンジャケットを着ようとしたら…なんだか凄くペチャッとしている???!?

ダウンジャケットってもっとフワフワでモフモフした感じの着心地なのに、縫い目が格子状の中に閉じ込められているダウンにボリュームがありません。

まぁ思い返せば冬を2シーズン着たにもかかわらず、全然手入れをしていませんでした(汚い)

ダウンジャケットを自宅で手洗いするのって面倒そう+近所のクリーニング店ではどれくらいの値段がかかるか調べるのも面倒という「面倒やん」という言い訳でここまで放置してしまいました。

ダウンズボンもペチャっとなってる

でもね、もうこの状態のダウンジャケットを着続けるのはやっぱりイヤ!

アウトドアメーカー(mont-bell)のダウンジャケットが暖かい!ということで頑張って背伸びして買ったダウン製品なので、

よっこ

ちゃんとメンテナンスをして着続けよう

という考えに至ります。流石に使い捨て出来ない価格ですし(ヽ´ω`)

まずは愛用中のmont-bellダウン製品を紹介しちゃうぜ

注意
人によっては寒さの感じ方、使用感が違うと思いますが、私の雑感ということで適当に流し読みして下さい( ^ω^)

mont-bell スペリオダウンジャケット

mont-bell公式サイトより引用

とにかくコンパクト!

500mlペットボトルくらいの大きさの収納袋に入れて持ち運べるので、薄着で旅行等に出かけちゃうけど寒かった時の保険としてバッグの中へポイッと入れるサイズ感。

真夏の標高のあるキャンプ場で夜に気温がグッと下がった時に羽織ったり、真冬はアウターとインナーの間の空気を溜める層に着込んだりめっちゃ便利なんですよ( ・`д・´)

参考 スペリオダウンジャケット(男性用)mont-bell公式HP

以前はユニクロのライトダウンジャケットを着ていましたが、強風を身に受けると縫い目から風を通すし1シーズン着倒すとダウンのロフト(膨らみ)が弱まりクタッとしちゃうので…毎年買い替えていました。

1年使い捨てで使っていたけど、良い物を長く使いたくなり他のメーカーを見比べてみたところアウトドアメーカーのダウン素材って結構いい値段がしますよね。

色々なメーカーを見渡した後にmont-bellの価格を見ると安く感じるマジックを感じながら、そのままmont-bellダウンジャケットを買うことに。

細身に作られていたユニクロと違って、私が購入したモデルのモンベルダウンジャケット(USモデル)は身動きが取りやすくアウトドアで活動的に動いても突っ張らなくて動きやすいのがメリットかな。

ちなみにデメリットとしては細身シルエットじゃないのでデブに見える、そしてアウトドアなシーンで着る時は同じモンベルのダウンジャケットを着ている人と被りまくります笑

でもね、ジャケットを遠出する時に持っていくと無敵な感じがして、身体を冷やしてすぐにお腹が痛くなる体質の私には無くてはならない存在になりました( ・`д・´)b

mont-bell スペリオダウンパンツ

暖かいモンベルのダウンジャケットが大好きになった私は下半身もダウン素材で温めたくなるのは当然の流れかもしれないw

別にダウンズボンを買わなくても、高性能な山用の暖かいタイツを買えば価格も安いしメンテナンスも楽なんだけど、体温調節しやすいので思い切って買っちゃいました♪

他メーカーの購入も考えたんだけど、気軽に試着出来るお店があって(短足やし)、価格的にもまぁこれくらいなら背伸びして買えそうという希望を見い出せるmont-bellブランド、そしてmont-bell会員のポイントが貯まっていたこともあり購入に至りました。

mont-bell公式サイトより引用

タイツと違ってズボンの上から履けるので保温着としてピッタリなんですよね~!少し大きいサイズで作られているのでズボンの上から難なく履けます。

そしてモコモコしているのでデブに見えちゃう( ^ω^)

でもね、500mlペットボトルサイズで軽くてコンパクトだからカバンの中にとりあえず入れておきたくなるんですよ。

参考 スペリオダウンパンツ(男性用)mont-bell公式HP

デメリットとしてはアウトドアシーンで着る時は破れが怖いので岩や適当な地面の上には座れない、水濡れには弱い、焚火する時は火に近づけないです。

あと座った時に椅子と接する部分はダウンの膨らみが無くなるので、そこだけ寒いかな。

焚火キャンプでどうしても履きたい時は肌→タイツ→ダウンズボン→ゆったりしたズボンを履くと優しくポカポカした暖かさで足が冷えません( ´∀`)b

直接肌の上からダウンズボンを履いちゃうと凄く暖かいんだけど皮脂で汚れやすそうな気がするので速乾性タイツで隔てる使い方をしています。

 

ちなみに大阪中心部レベルだと真冬でも自室でダウンパンツとダウンジャケット着てるだけで十分暖かいので暖房が要らなかったりします。

というかダウンジャケットとダウンパンツの使用感で一記事書けたような気がする。

シュラフで寝る時にダウンパンツ履いたら暖かいぜとか、足首ゴムをギュッと絞った防風性能あるレインウェアと合わせて履くと真冬ツーリングも暖かいとか…もっとダウンパンツの素晴らしさについて語りたいんだけどこの辺でやめておこう(;`ω´)ゴクリ

よっこ

ダウンパンツは暖かいけど結構気を使うのがデメリット、しかも水に弱いから使用できるシーンは結構限られるけどお金に余裕があればオススメってレベルです。

ダウンパンツ買わずに暖かい素材の機能的な冬用タイツを買う選択肢もありますが、ダウン素材の独特なポカポカした暖かさはタイツには無いような気がする。

では早速洗います

mont-bell本社の目の前にあるmont-bell本社ANNEX店で購入したダウン用洗剤を用意しました!

撥水剤も併用すると良いらしいけど、今回は洗剤だけ購入。

ダウン製品の専用洗剤

通常の洗濯用洗剤は洗浄力が強すぎてダウンを痛めてしまうのでダウン専用洗剤を用意する必要があります。

まぁそんなに高くないし(お店で購入したら756円)

  • STEP.1
    洗剤の説明を読むよ
    ジャケットに使う洗剤の量はキャップ二杯分か…!

  • STEP.2
    タライにぬるま湯を張ります
    こんな時に限って自宅の給湯器が壊れていたのでティファールでお湯を沸かしました(笑)

    お水でダウンジャケットを洗うことも出来るけど、ぬるま湯で洗ったほうが汚れがより落ちそうな気がします。

    熱すぎるとダウンの油分が流れ出してフワフワが弱まるので、30度以下のぬるま湯を作ります♪

  • STEP.3
    洗剤を規定量いれます
    ぬるま湯にダウンジャケットをぶちこんで、あぁもう後戻りできなくなってしまったナァ…と思いながらも、洗剤をキャップ2杯分入れます。

  • STEP.4
    押し洗いするよ
    ダウンの中の空気を全て抜いてジャケットを水に沈めて押し洗いします。

    じゃぶじゃぶ洗っていると2シーズン溜め込んだ汚れが水に出てきて、もう少し早い段階で洗っておくべきだったという後悔、そして手洗いでも汚れが落ちていくのが実感できる嬉しさが押し寄せてきます。

    ちょっとだけ洗面所で小躍りしたくなるというか、こんなに汚れてたよ!ってリアルタイムで誰かに勢いで喜びをLINEで伝えたくなったけど迷惑だと思ったのでやめておきました。

    というかあまりの汚さに水部分は自主規制ということでモザイクで修正。

  • STEP.5
    水で洗剤を洗い流したあとにすすぐよ
    根気よく泡が出なくなる程度になるまで水で洗い流します。

    5回ほど水を入れ替えてすすぎました

    そういえばダウンジャケットを洗う時にどこかのサイトで見かけたけど水を含んだダウン製品を持ち上げると表地が傷んでしまうらしいので、基本的には優しく押し付けて洗ったり絞ったりしました。

    優しく押し付けて絞ります

  • STEP.6
    洗濯機で脱水します
    ある程度タライに押し付けて水を脱水したあとは、洗濯ネットに入れて脱水機にかけます。

    2分くらいであっという間に水分が飛んでいっちゃいました(∩´∀`)∩

    ジャケットとズボンをそれぞれネットに入れます

    MEMO
    洗濯機で脱水しすぎるとダウン自体が傷んでしまうので、様子を見ながら脱水したほうがいいかも
  • STEP.7
    説明書くん「乾燥機にかけてね!」
    えーと、次の工程は何だっけ?と、よ~く説明書を見ると「乾燥機にかけよう!」って書いていました。

    自宅には乾燥機は無いので非常に困ったぞ…!

    すかさずスマホで調べてみると自然乾燥だとダウンジャケット独特のフワフワ感が無くなった!羽毛が団子状態になった!とかいう残念な報告も見ちゃって、洗うことしか頭に無かった私は乾燥までちゃんと考えていませんでした\(^o^)/

  • STEP.8
    コインランドリーまで走りました
    せっかくここまで頑張ったのに、自然乾燥で妥協したくなかったし、ダウンジャケットの洗濯をやろう!と思い立ったのが真冬の2時過ぎという遅い時間だったのでコインランドリーへ行くことにしました。

    乾燥機の使用は必然だったのです。

    乾燥機10分100円で全てが解決するなら安いもんやろ( ^ω^)

    乾燥機のメニューを見ると、低温・標準・毛布という3種類から選べれるみたい。

    低温モードで乾燥させるのが良いらしいけど、10分で乾かなかったら嫌だなという気持ちが心にフッとよぎり標準モードで乾燥させちゃうよ。(本当はダメ)

    乾燥機にダウンジャケットとダウンズボンをぶちこみます。

    近所のコンビニへAmazonの荷物受け取りする用事があったので乾燥10分の間はコインランドリーから離脱w

    シームレスタイプは注意
    ダウンジャケットのダウンを区切る部分がミシンの縫い目ではなく、樹脂による熱圧着で縫い目が減ったシームレス加工されているダウンジャケットは乾燥機に入れてしまうとシームレス部分が溶けちゃうのでやめておこう。

    有名ドコロではユニクロのシームレスダウンジャケットとか。見たらあぁこのタイプね!って分かるかも。

  • STEP.9
    しっかりフワフワになりました
    コンビニで荷物を受け取り、コインランドリーへ戻ってみるとちょうど10分の乾燥が終わったみたい。

    取り出してみると、めっちゃフワフワ!びっくりするほどフワフワ!

    洗濯する前の状態では考えられないくらいのフワフワで、ダウンジャケットの表地の汚れも落ちてクスミが無くなったような気がする。

    重い腰を上げてダウンジャケットを洗って良かったと心から思える瞬間でした。

    黒色のダウンズボンもフワフワ

まとめ

今までは近所用に安価なユニクロのライトダウンジャケットも持っているし、お洒落で着る用のダウンジャケットも別に持っているんだけど大体1.2年で買い替えをするのでメンテナンスのことは全然考えなかったんですよね~!

mont-bellのダウンジャケットは過酷な冬キャンプ・真冬ツーリング用途で大活躍しているので1.2年とは言わずに寿命がくるまでどんどんアウトドアシーンで使い倒してメンテナンスしちゃおう!と思っています。

ただね、mont-bellのダウンジャケットって絶妙にダサいというか色もシルエットも全然好きじゃないのでアウトドア活動するときくらいしか着ないかな(小声)

まぁシルエットが悪い見た目にもメリットがあって、内側に色々着込めたりアウタージャケットの外側に着ることも出来るのでアウトドアシーンで脱ぎ着が面倒な時は横着出来ます。

ダウンジャケットの洗剤はまだまだ残っているので、また来シーズンのどこかで洗いたいな。

2着分(コップ4杯)使ったあとの残量が上の画像です。

あとやっぱりコインランドリーでの乾燥機は偉大だった…!

自然乾燥ではダウンが偏ったり団子状態になるので自然乾燥中にパンパンと軽く叩いたりする手間があるのがたった10分、しかも100円で解決出来る期待を裏切らないフワフワな仕上がりは最高やで…!

自宅に乾燥機があればもっと最高なんだけど。

というわけで、私がダウンジャケット洗濯チャレンジしてみたレポートでした!

注意
この記事を参考にして洗濯を失敗しても責任は取れないので、自身でしっかり調べて洗おうね( ^ω^)

関係ないけど高級ダウンジャケットの手入れは大変そう

とある日、Twitterのタイムラインを眺めていると興味深いツイートが回ってきました。

ツイートによると高級ダウンジャケット(モンクレール等)は縫製がしっかりしていないらしく、クリーニング店が拒否するケースがあるそうな。

高級ダウンジャケットに憧れはありますがメンテナンスの事を考えるとお金がかかりそうだし自分でメンテナンスするのも怖いな…と思うと、なんとなくリッターSSバイクの維持費に通づるものがありますね:;(∩´﹏`∩);:

4 Comments

酒井大介 改め 滋賀湖北のおっさんライダー

この記事チラ見してUNIQLOのカシミアセーター手洗いしたらひどく水が濁り驚きました。型崩れしないようにハンガーで干さずに無事復活しました。
ダウンも手洗い出来るのですね。この記事参考に同じくモンベルのパウダーライトパーカーを洗いたいとおもいます。

返信する
よっこ よっこ

滋賀湖北ライダーさん

早速行動してますね(笑)
洗濯してみるともっと早く行動しておけばよかったな~!と思いますが、洗いにくい素材の服を洗い終えると清々しい気持ちになれますよね♪
ダウンジャケットはかなり気を使うと思いますが、気合いをいれて頑張って下さい(`・ω・´)ゞ

返信する
ゆきおとこん

こんにちは
自分にはあまりにもタイムリーな記事なのでちょっと声が出そうになった笑
早めにモンベルに行って、近所のコインランドリーも探しておかないと!
参考にさせてもらいます^_^

返信する
よっこ よっこ

こんさん

ダウンジャケット洗濯チャレンジするんですね!
焚火の香りに排ガスの汚さが手洗いでもキレイに落ちてくれるので凄くやり甲斐がありますよ♪
もし失敗しても新しいダウンジャケットを購入できる特典付き(笑)なので洗濯頑張って下さい~(∩´∀`)∩

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。