年越しニュージーランドツーリング7

いよいよツーリングも最終日です

Arthur’s Passという峠道を走りにいってきた

天気の関係でChristchurch起点でこの3日間動き回っている私ですが、前日はツーリングを休んで観光していたので無性に走りたくなってしまいました。

早朝に目が覚めて空を見ると良い天気なので急いで用意して出発します。

この日はお昼3時にはレンタルバイクを返却しないといけないので、片道150km程度の半日ツーリングをすることに。

目的地のArthur’s Passまでひたすら走りまくります。

北海道のような広い景色の中を走り抜けて、

峠道を走りつつ

菜の花っぽい花畑が広がる場所でひと休憩

峠道の頂上あたりにあるArthur’s Pass観光案内所の施設までひたすら走り続きました。

写真やGoProを撮る余裕がないくらい今回のニュージーランドツーリングの思い出ややり残してしまった反省点をグルグル脳内で反省会していました、、あっという間だった1週間のツーリングがあともう数時間で終わると考えると胸にくるものがあります。

というか相当この時は落ち込んでいましたね。NZツーリングの為に1年間は準備を頑張ってきていたので瞬く間に過ぎ去っていく楽しい時間が凄く辛かった…!

最後にきれいな川を眺めれる場所があったので、ここで景色を眺めて終わり。

最後の最後に走行中にバイクを転倒させてしまった

Arthur’s Passから同じ道を引き返して街まで戻ってきました。

この日は朝から何も食べていなかったので、返却前にレンタルバイク屋さんまで残り5分くらいの場所にあるフィッシュアンドチップスのお店に行こうとバイクを走らせていました。

目的地のフィッシュアンドチップス屋さんに入ろうとお店横にある駐車場に入ろうとしたら、歩道の段差の部分に乗り上げてしまいバランスを崩してガシャーンと転倒\(^o^)/

赤ルートでコケた

ご丁寧にSTEP(段差あるよ)と歩道に書かれていたのに、タイヤ痕を見て咄嗟にこのポイントからも駐車場に入れると思った判断が悪かった…

段差ではなくスロープ状になった場所まで1m奥に進んで歩道に進入して駐車場に入っていたら転倒しなかったのに、、引き起こそうとしても転倒時に足を少し捻ってしまい踏ん張れずF700GSが全く動きません。

困り果てていたらフィッシュアンドチップス屋さんのテラス席で食事中だった地元のおじさんが駆け寄ってきてくれて引き起こしをしてくれました。神かな…!

つたない英語でお礼とすぐ近くのレンタルバイク屋に返却する直前でコカしてしまった〜!って私が嘆いたらめっちゃ励ましてくれた(笑)

そんなトラブルがあっても折角のフィッシュアンドチップスはしっかり食べる私。

注文後に揚げてくれるので、テラス席で揚げたてのポテトを食べながらF700GSを眺めてたときはひたすら虚無でしたね…

サイドパニアは新品だったし、パニアステーが変に曲がってしまって修理代いくらかかるんだろう…日本だと傷付いた部分は全部新品交換だよなぁ~!安くて10万円くらいかな~!!という悶々とした気持ちしか出てこなかった。

でもポテトとフィッシュフライは食べちゃう。

ステーが抜けて曲がっちゃった
新品サイドパニアも傷付けちゃった

ソロツーリングだと自分で自分の機嫌を取るしかないので、食べて気を紛らわすことにします。やけ食いパーティや!

小鉢サイズのタルタルソース(大きい)

しかも人を殴れそうな大きさのフィッシュフライを食べるのに必死だったし、大量のポテトは食べ切れなくて晩御飯もポテトになりました。

追加料金でタルタルソース買ったけど、びっくりするほど味に深みが無かったです。日本で食べるタルタルソースって酸味が強すぎなのかな?

レンタルバイクショップでF700GSを返却したよ

お店からすぐ近くにあるレンタルバイクバイクショップまで行って、バイクを返却します。

オーナーのアレンさんに正直に転倒して傷付けたことをまず最初に報告してみたら

「OK!OK!身体は大丈夫?バイクは見た感じ大きくダメージ無いように見えるけど、チェックしてみるね。後日メールで修理代の請求金額の連絡するよ!」

…って超軽く言われてしまいました。

ちなみに修理代の請求代お知らせメールは2週間後くらいにオーナーの奥さんから英語で案内がありました。今回の件に関しては新品交換ではなく補修する良心的な請求金額でしたね。

修理代金は高校生のお年玉の金額程度とここでは表現しておこう( ^ω^)

出発日と違っていろんなツアラーバイクが保管されていました。

整備中のバイクや返却されて洗車待ちのバイクがズラッと置いています。

よく見てみると先日一緒に走ったり遊んだ日本人ライダーのヤマハ・トレーサーもいました。

このガレージで日本に帰るためにスーツケースにパッキングしてるとき、ニュージーランドで購入した物を一つ一つパニアから取り出していると色々な思い出が込み上げてきて涙が出そうになりました。

ここでBMW F700GSともお別れです。

オーナーのアレンさんの車でクライストチャーチ空港近くの宿まで送ってもらいました。30分ほどのドライブだったけどお互いバイクが大好きなのでそれぞれのバイクの楽しみ方をひたすら喋ってましたね。

サーキットという単語は通じなくてtruckって言わないと通じなくて新鮮だったな~(勉強不足)

それにしてもBMW F700GSは良い子でした。

ローシートまじで助かった

ローシートのおかげで両足が付いたので慣れない大柄なバイクでもピンチな時は二輪二足で何とかなりました。

海外でのレンタルバイクはシート高があるバイクばかりなので、低身長だとバイク選びの時点で行き詰まってしまうんですよね。

ニュージーランドでは他にもレンタルバイク屋さんがありますが、私が乗れそうなバイクがF700GSしか無さそうだったのでKiwi Motorcycle Rentalsを選びました。

あと日本人スタッフのサポートがあったので予約時にも安心だったのもありますがw

Kiwi Motorcycle Rentals

公式サイトはこちら↓

現在、日本語サイトはCOVID-19(新型コロナ)により閉鎖しています。状況が良くなり次第、日本語サポート及び日本語公式サイトをオープン予定です。

ちなみに日本語公式サイトは再リニューアル後、私(当サイトの中の人)がサポーターの一人として在籍する予定なので、もし分からないことがあればレンタルバイク日本語サイトのメールフォームよりお気軽にお問い合わせいただくと私がお返事することがあるかもしれません♪

この日のツーリングルート

あとは帰国するだけになった

空港すぐ近くのJUCYというドミトリー宿がとても良かった

4連泊もした宿はクライストチャーチ空港から徒歩10分弱くらいの距離にあるJUCYを利用しました。

基本的には翌日の早朝便でクライストチャーチ空港に行く人向けに前泊で仮眠するドミトリー(カプセルホテル)のような宿ですね。

年末年始の時期でも1泊2000円弱、バイクは自転車置き場に駐車すると無料、今回のNZツーリングでは途中からクライストチャーチ起点に動く旅になっちゃったので、私としてはこの宿が使い勝手良かったです。

女性部屋を利用

こういったドミトリー形式の宿に泊まって部屋に入ったとき、部屋にいた人と目が合うと簡単な挨拶とかどこの国から来てNZをどのように楽しんだか会話を4泊中すべてしていましたね…英語力めっちゃ試されました。

そのうち一人は北海道に行ったことがあるらしく色々写真を見せてくれたり、私も北海道ツーリングで訪れた同じ場所の写真を見せたりして盛り上がりました。

やっぱり自分の国を褒められると凄く嬉しいので、私も今まで訪れた数少ない国の人達と会話する機会があれば少し深い話をしてみたいですね。

良くなかった点はシャワールームにドライヤーが無くてみんな髪の毛ビッシャビシャなまま談話室で過ごしていました。

私は髪が長いので乾くまで結構大変でした\(^o^)/

キッチン
談話室

宿の目の前にスーパーがあるので、最後の晩御飯を調達してみます。

ニュージーランドではカウントダウンというスーパーを街や主要道路沿いに必ず見かけましたね。日本だとイオンスーパーな感じかな?

お酒コーナーへ行くと商品が冷蔵商品棚に陳列されているわけでなく、冷えっ冷えの部屋に人間が入るタイプでした。

優柔不断な性格の私は一本選び終えるまで凍えそうでしたね(想定外の場所で試される海外)

お酒コーナー

ニュージーランドのサーモンは美味しい!と聞いていたので、サーモン売り場へ行くと想定以上の種類のサーモンが置いていてどれを選べば良いのか分からないくらい(笑)

サーモン!シャケ!鮭!

宿に戻って食べたサーモン・トムヤンクンラーメン・白ワイン・写ってないけど昼のポテトの残りで最後の晩ごはんは終わり!

キッチンに適当なコップがなかったのでワインはラッパ飲みです(笑)

NZのサーモンはこの時点で2度目だったけど、今回も脂がすごく乗っていて凄く美味しかったです。日本でも買える場所ないのかな~!

帰国!

早朝に宿を出発して歩いてクライストチャーチへ向かいます。

またこの街にくることあるのかな~と海外からの帰り道に強く思っちゃいますね。

クライストチャーチ空港

フライトの待ち時間にニュージーランドのご当地メニューのキウイバーガーを食べて気を紛らわせます。

マクドうめぇ!と悠長に食べていたけど、このあと国際線の直行便はフルサービス+ちょっと良い食事が出るプレミアムエコノミーを取ってたことをすっかり忘れててハンバーガーでお腹いっぱいになってしまった\(^o^)/

某セイコーマートっぽい

クライストチャーチからオークランドまで国内線で移動したあと、オークランド~関空までニュージーランド航空直行便に乗ります。

トラブルか何かで1時間くらい搭乗時間が遅れてしまい、英語のアナウンスがたくさん流れていて無駄にドキドキしたけど無事に乗れて良かった…!

プレミアムエコノミー席!
ひたすら飲んでた

帰りの飛行機はプレミアムエコノミー席を選んでいたけど、前後のシートピッチが広くてかなり快適でしたね。

関空に夜7時頃到着して、翌日は仕事だったのでちょっと良い席に座って体力回復させてました(∩´∀`)∩

関西国際空港に降り立った!

ニュージーランドツーリング本当に楽しかったな~!

まとめ

初めての海外ツーリング、しかも海外の公道で初めて運転したけど一番の目標は生きて日本に帰国することだったので、無事に終えれた身としては大成功です。

もっともっと欲張って色んな街を回りたかった気持ちも正直ありますが、無理だけは本当にしたくなかったし、海外ツーリングでは未舗装路を走るスキルがある程度ないとしっかり楽しめない気がするんですよね。

そんなわけで帰国してからは暫く行ってなかったライディングスクールに通ってみたり、練習としてオフロードバイクを買おうかなと考え始めたり、英語の勉強も継続しているところです。

金銭面やコロナの関係で海外ツーリングはすぐに実現しないけど、現時点で出来ることは色々やってスキルアップして次は違う国でも更に楽しめるツーリングが出来たらいいな~と夢見てますね。

大好きな北海道ツーリングで見た景色を求めて走ったニュージーランドは想像以上に素晴らしい景色が広がっていました。

あんな雄大な景色の中をバイクで走れる喜びは一生忘れられないです。

おわり

2 Comments

カフェオーレ

初めまして〜。
ニュージーランドツーリング記拝読させていただきました。
私もよっこさんと同じ時期にニュージーランドツーリングしましたので、ああ懐かしい…!良いところだったよね…と私も思い出しました。
恐らくですが、日本人女性とは私のことだろうなあと思いますw1名飛行機乗り遅れちゃったのよね〜と聞いてましたもので(^ω^)
(よっこさんがレンタルしたおバイク…タッチの差で取られたのよねウヌヌ)
ふとそういえば…大丈夫だったのかしらと少し気がかりでネット検索してみたところ、
よっこさんも素敵な旅を過ごせていたようで、それが知れて良かったです…!
突然長々とすみません、今後もお互い安全運転で行きましょ〜

返信する
よっこ よっこ

カフェオーレさん
はじめまして!コメントありがとうございます~!
まさかの!ご本人からコメントを戴ける日が来るなんて思ってもいませんでした!すごく嬉しいです(∩´∀`)∩ワーイ
ニュージーランド良いところですよね。また海外ツーリングへ行きたいなぁと思いながらコロナのせいで計画さえ出来なくて凄く悔しい…!
このレンタルバイク屋でF700GSローシートタイプだけが唯一足が届きそうなバイクだったので早々に抑えちゃってましたw
低身長のライダーでも乗りやすいCBR400Rを秋以降にラインアップに追加するとアレンさんから聞いていましたがコロナの影響でレンタルバイク屋さんが廃業してしまったので残念でしょうがないです。
NZツーリング中は何度かカフェオーレさんとスライドしていて、その度に勝手にテンション上がっていたんですよね。良い時期に行けたなと今でも思ってしまいます。
そうですね、安全運転でバイク楽しみましょう!(*´∀`*)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。